35歳の女性といえば、男性が気にするのは「高齢出産」についてです。

赤ちゃん

35歳以上で初産を迎える女性は、高齢出産と呼ばれます。

一般的に出産に関するリスクが高くなる傾向にあると言われています。

もちろん多くの女性が35歳以上の初産でも、母子共に健康な状態で出産を終えています。

それでもやはり20代や30代前半に比べると、リスクが高くなる傾向になるという数値が出ています。

そうは言っても、最近は晩婚化が進んでいます。

30代の未婚女性も沢山いますし、40代を過ぎてから婚活を始める人もおられます。

自分の周囲の環境に独身者が多い場合は、なぜか安心してしまって結婚に焦りを感じない人も多いようです。

しかし、男性はやはり35歳以下の女性と結婚したいという人が多いです。

それは先程も書いたように高齢出産ということが関係してくるからです。

だから結婚相談所比較をしてみると分かりますが、男性が条件設定をする場合に33歳以下に設定するケースが多いです。

今の時点で33歳ならば、交際を始めて結婚して出産するのが35歳ぐらいになるからです。

そういう計算をしながら男性は、希望する女性の年齢を設定しています。

だからできれば33歳までに婚活を始めたほうが、希望する男性と出会えるケースが多いのです。

結婚と出産をセットで考える男性は多いので、そういう状況も踏まえながら少しても早く婚活を始めていきましょう。